若く見られる人は|若々しい肌を保つにはほうれい線を無くそう|整形で若返り
レディ

若く見られる人は

婦人

肌のしくみ

女性や男性に関わらず、年齢よりも若く見えたり、老けて見えたりし、少しでも若く見られたいものです。同じ年齢の人でも、なぜ見た目が若かったり、老けたりみえるのでしょう。年齢よりも若く見られる人の多くは、顔のしわが少ない人が多く、逆にしわが多いと老けて見られるのです。皮膚は、表皮(一番表面)、真皮、皮下組織というような順番でできています。その皮膚が、乾燥や年齢などの影響で衰え、しわとなるのです。しわには、小じわやちりめんじわ、表情じわ、大じわなどがあります。小じわは、肌の乾燥によるものが多く、ちりめんじわは、血行不良によって皮脂の分泌が低下した為にできるもので、表情じわは、毎回同じ表情筋を使うことで定着したしわです。後、大じわは加齢による深くなったしわの事です。

若く見られる為に

しわにも色々な原因があるのですが、年齢など関係ないものが小じわです。小じわは、乾燥によってできるしわなので、対策としては、保湿をこまめにすることで少なくなります。ちりめんじわは、肌の血行が悪いためにできるしわで、対策としては、適度なマッサージで血行を促進し、代謝を上げることで少なくなります。表情じわは、笑ったり泣いたりと顔は様々な表情をします。表情をつくるのに、表情筋が動くのですが、その表情筋の衰えででき、表情筋を動かし、鍛えることで、対策できます。大じわは、加齢により、真皮にコラーゲンやエラスチンが少なくなり、肌に弾力がなくなる為です。対策としては、紫外線を浴びないようにし、日焼け止めクリームなどを塗ることによって対策できます。しわの全般的な対策として、肌をつくる栄養素として、たんぱく質(肉類、魚類、たまご、乳製品、大豆製品)やビタミンをたくさんとるといいでしょう。